銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インフレターゲットとは

インフレターゲット(Inflation Targeting)とは、政府や中央銀行が物価上昇率(インフレ率)に一定の数値目標を掲げ、市中の通貨量を調節することにより、緩やかなインフレを誘導し、安定した経済成長につなげる金融政策を指します。日銀は2013年1月、デフレからの脱却を目指して、物価安定目標を2%とするインフレターゲットを導入しました。その後、大規模な金融緩和政策や景気刺激策を行っています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

中央銀行が定める適度な物価上昇率の目標のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

インフレ率(物価上昇率)を政府や中央銀行が適正とされる水準に設定し、その実現を図るように金融政策を行うこと。
英国、オーストラリアなどがインフレ抑制のために導入していますが、日本のようにデフレ脱却を目指して導入している国はありません。

(出典 大和証券ホームページ)

 

正式名称はインフレーション・ターゲティング(inflation targeting)。中長期的なインフレ率の目標値(あるいは目標幅)を数値として明示する、金融政策運営の枠組みのことをいう。中央銀行の独立性などの前提下で、政策運営の透明性を高めることを目的としている。

日本では「インフレ目標」政策がしばしば論議の対象となり、過度なインフレを抑制しつつデフレ経済を克服するための政策手段として注目されている。第2次安倍晋三内閣によるアベノミクスの政策の下、日銀は数値目標を明示することとなった。

一般的に、期待インフレ率(将来の予想される物価上昇率)は為替、エネルギー価格、または賃金の上昇等経済情勢の変化に大きく左右されるが、中央銀行が期待インフレ率に対して一定の目処をもって金融政策を運営することにより、市場の過剰なインフレ期待をかえって抑制し、緩やかなインフレ期待によりデフレ経済を克服できるのではないか、との見方がある。

しかしながら一方で、市場のインフレ期待は不安定で変化しやすく、インフレが過熱した場合に制御できない懸念があるとして、「インフレ目標」政策の導入に慎重な見方もある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

インフレターゲットとは、中長期的なインフレ率の目標値を数値で明示する、金融政策運営の枠組みのことを言います。中央銀行の独立性などの前提下で、政策運営透明性を高めることを目的としています。一般的に期待インフレ率は為替やエネルギー価格、賃金の上昇などの経済情勢の変化で大きく左右されることであり、中央銀行が一定の目処を持った金融政策を運営することで、市場の過剰なインフレ期待を抑制しデフレ経済を克服することが期待されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)