銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インフレとは

インフレとはインフレーションの略で、私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が上がり続けることをいいます。インフレには、良いインフレと悪いインフレがあります。
良いインフレは、企業が販売価格の上昇で儲かり、社員の給料が増え、消費者は物価上昇による生活費の増加を給料アップで吸収してもっと商品を買うようになり、商品が良く売れて企業が儲かる…というサイクルで景気は良くなります。しかし、商品の仕入れ価格の上昇ほど商品価格に上乗せできず、企業の業績が悪くなり、賃金が上がらないのに身の回りの商品が値上がりして家計を圧迫するという悪いインフレは経済に悪影響を及ぼします。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

世の中のモノやサービスの価格(物価)が全体的に継続して上昇すること。英語表記「Inflation」の日本語読み「インフレーション」の略語です。一般的には、好況でモノやサービスに対する需要が増加し、供給を上回ることで発生します。一方で、同じ金額で買えるものが少なくなるので、お金の価値は下がることになります。企業業績の上昇から賃金が増加し、消費が進むので、緩やかなインフレは望ましいといえます。ただ、短期間で物価が何倍にも急騰するような「ハイパーインフレ」は物価の上昇に賃金の増加が追いつかず、経済が破綻します。物価の水準を適正に管理することは中央銀行が金融政策を担ううえでの最大の目的です。
⇔デフレ、デフレーション

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

インフレーション、Inflationの略。経済全体の財やサービスの価格(物価)が継続的に上昇する現象で、貨幣価値の下落を意味します。好景気でモノがよく売れて品不足にある状態をいいます。企業業績は上昇して、従業員の給与も上がります。しかし、給与の上昇が物価の上昇に追いつかないために家計を逼迫、実質所得は低下していき、生活は苦しくなっていきます。特に経済的弱者(年金生活者)の生活は非常に厳しくなります。しかし、多少のインフレは、経済が発展過程にある場合には投資を促進したり、支払金利がインフレで目減りして借金が容易になるなど、経済成長を促進させる要因ともなります。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

世の中のモノやサービスの価格(物価)が全体的に継続して上昇すること。
英語表記「Inflation」の日本語読み「インフレーション」の略語です。一般的には、好況でモノやサービスに対する需要が増加し、供給を上回ることで発生します。一方で、同じ金額で買えるものが少なくなるので、お金の価値は下がることになります。企業業績の上昇から賃金が増加し、消費が進むので、緩やかなインフレは望ましいといえます。ただ、短期間で物価が何倍にも急騰するような「ハイパーインフレ」は物価の上昇に賃金の増加が追いつかず、経済が破綻します。物価の水準を適正に管理することは中央銀行が金融政策を担ううえでの最大の目的です。
⇔デフレ、デフレーション

(出典 大和証券ホームページ)

 

インフレーションの略称。物価が上昇し続ける状態をいう。用語の使用例インフレ時には、現金の価値が目減りし、資産価値が上昇する傾向のある株式や不動産などによる資産運用や美術品購入への関心が高まる。もっと知りたい!モノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価がある期間において持続的に上昇する経済現象。バブルや戦争時などに左右されるインフレと、通貨の供給量に左右されるインフレがあります。またインフレは、実質ベースで貯蓄の価値が少しずつ低下します。実質購買力を上昇させるためには、インフレ率以上の投資リターンを生み続けることが必要になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)