銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インフレーションとは

世の中の全体的な財・サービスを代表する価格指数(物価)が継続して上昇する状態をさす。英語表記はInflation。インフレと略されることも多い。

一般的には、需要が供給を上回る、あるいは賃金や原材料費が高騰する等の原因により起こるとされる。景気回復にともなって消費活動が活発化し、モノがよく売れることから企業の生産活動が活発となり、従業員の給与も上がる、というように社会が安定している状態での物価上昇は経済の成長を促す。ただし、物価上昇に伴いお金の価値が下がる一方、すべての財・サービスは同率に価格上昇するわけではないため、給与の上昇が物価の上昇に追いつかず、購買力の低下を促すことにもなる。また、短期間で物価が数倍にも高騰するような過度なインフレーションは貨幣価値の低下をもたらすだけでなく、所得・資産の再分配にも弊害を招く。このようなハイパー・インフレーションは、歴史的にも世界経済に深刻な打撃を与えてきた。

インフレーションの水準を適正に管理することは、経済政策・金融政策運用上の大きなテーマの一つとなっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

インフレーションとは、物の値段が上昇する状態のことです。ただし外的要因等で特定のものだけが上昇するのではなくて、市場全体が物価高になることを言います。物価が高くなるということは製造や販売をする企業等の収入が自然と増えるため、その増えたお金で持って従業員の給料も増やしてやることが可能になります。給料が増えれば従業員は物を購入するようになります。これがいわゆる経済の好循環と呼ばれる状態ですが、給料が上がらなければ購入できなくなり、生活苦になる恐れもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)