銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インデックスファンドとは

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など株価や債券の指数(インデックス)に、ファンドの基準価額が連動するような運用を目指すファンドのこと。
「パッシブ・ファンド」と呼ばれることもあります。インデックス・ファンドは、1971年にアメリカでS&P500に連動するファンドが最初に開発され、アメリカではその後、企業年金を対象として急速に普及しました。インデックスの構成比に合わせて構成銘柄を組み入れることから、銘柄選択のために大量の情報を収集する必要がなく、銘柄入れ替えの頻度も、ファンドマネジャーが積極的に運用するアクティブ・ファンドに比べて少なくなるので、ファンドの運用コストが安くなるといった特徴があります。このため、信託報酬なども低めに設定されています。
⇔アクティブ・ファンド

(出典 大和証券ホームページ)

 

市場平均(日経平均株価、TOPIX等)などに代表される指数に連動した運用を目指す投資信託です。アクティブ運用を行う投資信託に比べ、全般的にコスト(手数料や運用管理費用(信託報酬)など)が低めとなる傾向があり、値動きも分かりやすいという特徴があります。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

「いかにベンチマーク(TOPIXや日経225などの指数)と同じ動きとなるように運用するか」を最大目標とする投資信託です。

そのポートフォリオはベンチマークの銘柄構成比率と似てくるため、銘柄選択を誤るというリスクはありません。日経平均連動型の場合、日経平均を構成する225銘柄に同株数ずつ投資し、TOPIX連動型では、TOPIXに近い値動きをするよう投資銘柄やその株数を決めて運用します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

インデックスとは指標、ファンドとは投資信託のことで、インデックスファンドとは株価指数などの指標に連動した運用を目指す投資信託を指します。通常、ファンドの運用対象は目標となる株価指数に採用されているのとほぼ同じ銘柄群で構成され、組み入れ比率も指数への影響度に応じた割合となります。ベンチマーク(目安)となるインデックスには、日経平均株価、ダウ平均株価などの株価指数の他、債券指数、REIT(不動産投資信託)指数、コモディティ指数などがあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

インデックスファンドとは、特定のインデックス(市場の値動きを表す指標)に連動する運用を目指すファンド(投資信託)です。インデックスファンドの運用は、対象インデックスとファンドの基準価額が同じ値動きになることを目指して運用されるため、基準価額の推移がわかりやすいという特徴があります。インデックスファンドでは、日経平均株価やTOPIXなど日本株式市場の動向を表すものや、債券市場の指数、REIT(不動産投資信託)指数、商品市況を表すコモディティ指数、米国の株式市場の指標となるダウ平均株価やS&P500など、さまざまな指標が採用されています。

(出典 新生銀行ホームページ)

 

対象ベンチマークとそのファンドの基準価額とが連動した値動きとなる運用を目指すファンド。いわゆるパッシブ運用を行っているファンドである。対象ベンチマークには、日経平均株価(日本)、TOPIX(日本)、NYダウ(米国)、S&P500(米国)のような株価指数や、NOMURA-BPIのような債券指数など、様々な資産のインデックスがある。

投資家は個別の銘柄に投資するというよりも、その市場全体(例えば日本株式市場全体)に投資する意味合いが強い。基本的には、ファンドの構成銘柄をそのインデックスの構成比に合わせて組み入れることにより運用を行う。ファンドマネージャーが銘柄選択のため大量の情報を収集したり、個別の銘柄の値動きを予測して積極的に売買するアクティブファンドに比べ、運用コストは低くなる。また、インデックスの値動きに連動するため、ファンドの値動きが分かりやすい。

こうしたメリットがNISAでも注目され、インターネット専用ファンドを中心に、株や債券、REITなど様々な資産を投資対象とするシリーズタイプのノーロード型インデックスファンドの設定も増えている。

(出典 野村證券ホームページ)

 


日経平均株価等のインデックス(株価指数)に連動する運用成果を目指す株式投資信託です。一般的にはいつでも追加購入・換金できる追加型が多くなっていますが、単位型もあります。
主な投資対象は東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価等、それぞれのインデックスに採用されている銘柄のなかから選ばれます。そのため、基準価額の動きが把握しやすく、インデックスが大きく上がれば、ファンドの運用実績も大幅に向上します。その半面、株価が下落すれば元本を割り込むリスクが高まります。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

株価指数や債券価格指数にほぼ連動した投資成果をめざすファンドです。
たとえば、日本の株式市場全体の動きを示す指数としては日経平均株価やTOPIXなどがありますが、これらに連動する値動きをめざすインデックスファンドが多く設定されています。

日経平均株価やTOPIXのインデックスファンドは、基準価額の値動きが新聞やテレビなどで毎日報道される指数とほぼ連動している(※)ので、初めて購入する人にも値動きがわかりやすく親しみやすいという長所があります。
また、インデックスファンドは、購入手数料や信託報酬などのコストが、アクティブ運用のファンドと比べて廉価である点も特長です。

※ほぼ連動している・・・
指数に採用されている銘柄を購入し、または売却する際に証券会社に支払う手数料が必要なほか、指数の算出基準である市場の最後の値段で売買できるかといった課題もあり、指数の動きに100%連動することはできません。

| 指数と基準価額の動きの主な相違理由 |

  • 個別銘柄の組入比率を指数構成銘柄の構成比率と全くの同一の比率とすることができないこと
  • 信託報酬、売買委託手数料等の費用負担
  • 株式売買時の約定価格と基準価額の算出に使用する株価の不一致
  • 指数の算出に使用する株価と基準価額の算出に使用する株価の不一致
  • 株価指数先物取引と指数の動きの不一致(株価指数先物取引を利用した場合)
  • 指数の構成銘柄の入替えおよび指数の算出方法の変更による影響
  • 追加設定時、および組入銘柄の配当金や権利処理等によって信託財産に現金が発生すること

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

特定の株価指数に連動することを運用目的とするファンド(投資信託)のこと。用語の使用例「新興国ファンド」は、新興国の株式を実質的な主要対象とし、エマージング市場のインデックスと連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。もっと知りたい!インデックスファンドとは、投資信託の基準価額がインデックスと同じ値動きを目指す運用をする投資信託のことを指します。例えば、投資信託名に「日経225連動型」がつけば日経平均株価、「TOPIX連動型」とつけばTOPIXと同じ値動きを運用目標とし、少ない資産で分散投資ができます。株価指数の動向はテレビのニュースなどで連日報道されますのでコストが安く運用成果がほぼ市場に連動するインデックスファンドは、株式初心者にとって手掛けやすい投資信託といえます。

(出典 東海東京証券ホームページ)