銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インデックス運用とは

パッシブ運用の一種で、日経平均株価やTOPIXといった指標の動きに連動する運用成果を目標とする運用戦略。

(出典 野村證券ホームページ)

 

インデックス運用とは、目安となる指数(ベンチマーク)に連動した運用スタイルのことです。例えば、日本株で運用する投資信託の場合、日本株の代表的なインデックス(指数)である日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのインデックスをベンチマークとして、それに連動した値動きをするよう運用します。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

株価指数や債券価格指数など、市場の動向を表す指標(インデックス)に連動する投資成果を目指す運用方法のこと。パッシブ運用とも言います。インデックスとの連動を目指すファンドをインデックスファンドと呼びます。TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価といった、日本株式市場全体の株価との連動を目指す株価指数連動型ファンドが代表例です。最近では、商品指数や金価格に連動するファンドなどもあります。これに対し、インデックスを上回る投資成果を目指すなど、積極運用することをアクティブ運用と言います。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など株価や債券の指数(インデックス)に連動することを目標とした運用手法のこと。
「パッシブ運用」と呼ばれることもあります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

インデックス運用とは、静的なパッシブ運用とされており、投資信託の資産運用を行う上であらかじめ決められた日経平均株価やTOPIXなどの指標に連動する形で運用するスタイルの投資方法を指します。インデックスの動きに大きな影響を与える銘柄に限定して保有と売買を行う事でインデックス平均以上の利益を出すことを目的としているので、インデックス平均よりも高い利益を出すことを目的としているアクティブ投資とは考え方が異なる手法と言えます。

(出典 東海東京証券ホームページ)