銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インタレストカバレッジレシオとは

会社の借入金等の利息の支払い能力を測るための指標。年間の事業利益(営業利益と受取利息・配当金)が、金融費用(支払利息・割引料)の何倍であるかを示す。

インタレストカバレッジレシオ =
(営業利益+受取利息+受取配当金)÷(支払利息+割引料)
で表される。

企業の信用力を評価するための財務指標のひとつであり、証券アナリストが企業の安全性分析を行う際に用いられる。社債等の格付けを行う場合にも重視される。損益計算書により計算することができる。一般的に、倍率が高いほど金利負担の支払能力が高く財務的に余裕があるとされる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

インタレスト・カバレッジ・レシオとは、会社が通常の活動から生み出すことのできる利益、つまり営業利益と金融収益(受取利息と受取配当金を含めることが多い)が、支払利息をどの程度上回っているかを示す指標。

 


インタレスト・カバレッジ・レシオ =(営業利益 + 金融収益)÷ 支払利息

 


企業の安全性、つまり財務体質の健全性を評価する要素の1つ。この比率が高いほど、財務的に余裕があることを意味している。そのため、社債格付の際の指標や、企業の金利負担能力を測る指標として用いられる。ただし、大きく成長している会社では、借金を増やしてでも事業を拡大することが望ましい場合もあるため、会社の成長ステージなども考慮しなくてはならない。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

企業の支払い能力を判断する指標です。企業利益が支払利息をどの程度上回っているかを示し、倍率が高いほど支払い能力(負債返済の安全性)が高くなります。社債格付けの評価時などに使用されます。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

会社の借入金等の利息の支払い能力を測るための指標のことです。企業の信用力を評価するための財務指標のひとつであり、社債等の格付をおこなう場合でも重視されます。損益計算書により計算することができます。年間の事業利益が、支払利息・割引料の何倍であるかを示します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

インタレストカバレッジレシオとは、会社の借入金などの利息の支払い能力を測るための指標のことです。インタレストカバレッジレシオを算出するためには、年間の事業利益、つまり営業利益と受取利息、配当金の総和と、金融費用、すなわち支払利息と割引料の総和を割り算する必要があります。インタレストカバレッジレシオは企業の信用力を評価するための財務指標の1つであり、証券アナリストが企業の安全性を分析する際に用いられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)