銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インターバンク市場とは

金融機関などの限定された市場参加者が資金の運用と調達を行う市場のこと。
「銀行間取引市場」ともいい、外国為替を対象とする市場と短期資金を取引するコール市場や手形市場といった短期金融市場があります。市場といっても取引所があるわけではなく、電話やネットワークを通じて取引されます。金融機関と短期金融市場で金融機関同士を仲介する短資会社がインターバンク市場の参加者です。それに対し、金融機関が輸出入業者や個人を相手に外国為替を取引する市場を対顧客市場といいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

インターバンク市場とは、参加者が金融機関に限定された市場のこと。コール市場、手形売買市場、東京ドル・コール市場の3つがある。金融機関が資金の調達・運用を行うことで、一時的な資金の過不足調整に利用される。また、日本銀行の金融調節の場としても重要な機能を果たしている。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

日本語では「銀行間取引市場」と呼ばれている、参加者が銀行等の金融機関に限定された市場のことです。主に短期資金の調達を行う目的で資金の貸借が行われる市場と、外国為替市場との2つがあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

インターバンク市場とは、銀行間取引市場のことを指し、銀行のみが参加できる短期資金や手形、外貨を取引する市場のことです。物理的な市場があるわけではなく、電話やオンラインで取引を行なっており、このように銀行間で直接取引が行なわれることをダイレクトディーリングといいます。
外国為替取引においては、このインターバンク市場の取引レートを基準にしています。

インターバンク市場のうち短期資金を扱うコール市場は100年ほどの伝統のある市場で、主に銀行が日々の業務で発生する資金の過不足を、相互に調整しあうような形で生まれました。
呼べば答えるという形でごく短期の資金調達を行なうため、コール市場と呼ばれています。
金融恐慌以来、有担保での取引が定められていましたが、金融緩和によって無担保での取引が増加しています。

コール市場よりも長期的な資金調達手段として、インターバンク市場には手形売買市場があります。
これは信頼性の高い企業が発行した手形を担保として、銀行が振り出した手形の売買を行い、資金調達を行なうもので、金利は割引形式で売買時に差し引かれます。
手形売買市場は一ヶ月~半年程度の期間の資金調達を対象としています。

(出典 楽天ホームページ)

 

インターバンク市場とは、コール市場や手形売買市場、東京ドル・コール市場など、金融機関のみに参加が限定された市場のことです。銀行間取引市場とも呼ばれており、銀行を中心とした各金融機関が資金の運用や調達に利用する金融市場です。主に短期資金を調達したり、日々の調整するための市場で金融機関の相互市場です。日本だけでなく世界各国の金融機関や証券機関で取引されている市場でもあり、眠らない市場とも呼ばれています。

(出典 東海東京証券ホームページ)