銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インセンティブストックオプションとは

インセンティブストックオプションとは、役員や従業員の報酬や賞与として与えられた株式を一定の価格で購入できる権利のことを言います。インセンティブストックオプションは現金報酬とは違い、権利をもらったあとに株式が値上がりして、権利を行使した時に得たことで初めて報酬となります。以前は報酬制度として導入している企業が多かったですが、現在では経営の方向性を株主の視点と合わせるために導入したり、柔軟な報酬体系を実施するために導入する企業が増えています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

役員、従業員の報酬または賞与として与えられる株式を、一定の価格で買える権利。

米国では、役員、幹部社員の報酬として広く利用されている。 現金報酬と違い、権利を貰った後に株式が値上りしたときに権利を行使する事で初めて報酬としての手取りが発生する。株式のパフォーマンスと報酬をリンクさせる事ができるので、役員と株主の利害の調整が可能になる。

日本においては、平成13年6月の商法改正以前は、商法の自己株式取得の原則禁止等の制約で、報酬制度として導入している企業は多くなかった。しかし、商法改正以降、経営の方向性を株主の視点と合わせるために導入したり、雇用の流動化を背景に柔軟な報酬体系を実施するべく導入する企業が増えている。

(出典 野村證券ホームページ)