銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

姻族とは

婚姻によって発生する親族のこと。
血族(父母、兄弟、子など)の婚姻によって発生した場合も含まれます。民法(第725条)では、3親等までの姻族を親族に含めるとしています。
⇔血族

姻族は配偶者双方の問題で、配偶者以外の者同士が姻族関係になるというわけではありません。例えば、夫の父母・祖父母と妻、妻の父母・祖父母と夫はそれぞれ姻族となりますが、夫の父母と妻の父母、夫の祖父母と妻の祖父母同士は姻族とはなりません。
なお、法律上の「親族」とは、すべての親戚を指すわけではなく、6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族のことを指します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

配偶者の一方と他方の血族を相互に姻族という。
つまり、夫から見れば妻の血族が姻族となり、妻から見れば夫の血族が姻族となる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

血縁関係のない親族のこと。一方の配偶者と他方の配偶者の血族の関係をいいます。妻から見れば夫の血族が姻族となり、夫から見れば妻の血族が姻族となるということになります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

姻族とは、配偶者の一方と他方の血族を相互に姻族と言います。例えば、妻から見た夫の両親や兄弟、夫から見た妻の両親や兄弟を指します。これに対し血族というのは、自分と直系の親族つまり自分の両親や兄弟のことを指します。民法では、三親等以内の姻族を親族とすると規定されています。また、離婚や死別により夫婦どちらが解消を求めた場合、姻族関係は終了します。普段はあまり考えることはありませんが、相続などの際に重要なポイントとなる事項です。

(出典 東海東京証券ホームページ)