銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インカムゲインとは

英語表記はIncome Gain。資産を保有していることで得られる収入のこと。債券投資や預金などから生じる受取利子、信託の結果としての収益分配金、株式投資の場合の現金配当などの総称。

なお投資信託の収益分配金の場合には、組入資産である株式や債券からの配当等収益(配当・利子収入など)といったインカムゲイン以外に、各資産の売買益や分配準備積立金・収益調整金も収益分配金の原資となっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

預金や公社債の利息、株式の配当金などから得られる収益を指します。該当の有価証券を保有することによって得られる収益です。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

インカムゲインとは、株式や債券などの資産を保有中に得られる収益のことです。
例えば、株式では配当金、債券では利子、不動産では賃貸することにより得られる家賃収入がインカムゲインに当たり、それら資産を保有し続けることで、継続的な収入を期待することができます。
インカムゲインに対し、保有する資産を売却することで得られる収益のことをキャピタルゲインといいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

債券投資や預金などから生ずる受取利息、株式を保有することによって受け取る配当金などの収入のこと。
有価証券投資は、インカムゲイン(Income Gain)とキャピタルゲイン(Capital Gain)の2つが主な収益です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株式の配当、国債・社債などの債券や預金などの受取利子のこと。用語の使用例企業の増配により配当性向の水準が上がってきていることから、キャピタルゲインだけではなく、インカムゲインも含めた総合収益で投資収益を考えていくことが重要だ。

株式投資から得られる利益は2つあります。1つはインカムゲインで、株主に対して支払われる配当です。インカムゲインは債券や銀行預金の利子・利息と同様、資産を保有することから得られるリターン(利益)です。しかし、債券・預金と比べ、株式投資の場合は株価自体の変動が大きいため、インカムゲインが目的での投資にはより長期的視点が必要となってきます。もう1つがキャピタルゲインで、株価の値上がりから得られるリターンです。株価の上下の変動をうまくとらえることができれば利益につながります。デイトレードは、1日の値動きからキャピタルゲインを得る取引のことです。

(出典 東海東京証券ホームページ)