銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

インカムアプローチとは

企業価値評価の手法を3つに大別した1つ。対象企業の将来の利益予想やキャッシュ・フロー予想に基づいて価値評価する手法。キャッシュ・フローを元に企業価値を評価する場合の代表格としてはDCF法がある。上場企業の理論株価を評価価値とする場合には、一株純資産と一株利益の予想や株式の資本コストを基に計算する残余利益モデル(オルソンモデル)なども活用されている。

他の評価手法にはマーケットアプローチとコストアプローチがあり、それぞれメリット・デメリットを有する。日本公認会計士協会が発行している「企業価値評価ガイドライン」によると、インカムアプローチの特徴として、収益の将来獲得能力や固有の性質を評価結果に反映させる点で優れている半面、事業計画などの将来性な情報については恣意性の排除が難しいことが多く、客観性が問題となる。またインカムアプローチは会社の継続を前提とした価値評価であるといわれており、企業の継続性に疑義がある場合には慎重な適用が求められるとしている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

インカムアプローチとは、対象企業の利益やキャッシュフローといった収益性に着目した評価手法である。最も論理的であるが、見積もりの要素が多い為、恣意性が介入する、数字遊びになる可能性があるといった問題がある。

ある程度合理的な事業計画がない場合は採用しにくい。

(出典 日本M&Aセンターホームページ)

 

インカムアプローチとは、将来期待される経済的利益を、その利益実現に見込まれるリスク等を考慮した割引率で割引くことにより価値評価を行う手法。代表的な手法としてDCF法、配当還元法などがある。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

インカムアプローチとは、企業の価値評価をするための手法を3種類に分けたうちのひとつです。企業を評価する際に将来の収益について予想をしたり、キャッシュフロー予想を用いて価値を評価する方法です。キャッシュフロー予想を用いる場合はDCF法というものを用います。キャッシュフローは資金の流れを意味していて、これを観察することで企業の価値を評価することが出来るようになります。キャッシュの出入りはネットインカムと純利益を合わせます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

インカム・アプローチ(Income Approach)とは、企業価値の評価方法の1つで、企業の将来収益や将来キャッシュ・フローをもとに企業価値を算出する方法である。「誰にとっての」企業価値か、また評価時の業績指標として何を用いるかによって、具体的な企業価値の定義は異なる。

(出典 みずほ証券ホームページ)