銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

遺留分とは

遺留分とは、民法によって兄弟姉妹(甥・姪)以外の法定相続人に保障された相続財産の最低限度の割合のことをいいます。
本来、自己の財産は生前贈与や遺言によって、原則自由に処分することができますが、この遺留分制度によって被相続人の処分が一定限度で制限されています。ただし、遺留分を侵害する生前贈与や遺贈が無効になるというわけではなく、遺留分の減殺請求によって初めてその効果が覆されます。ここでいう遺留分を有する者は、兄弟姉妹とその代襲者(甥・姪)以外の相続人、すなわち子とその代襲者(直系卑属)、直系尊属および配偶者です。なお、遺留分を侵害された相続人は、侵害した受遺者や受贈者等に対して、遺留分の減殺請求を行うことができます。

(SMBC 日興証券ホームページ)

 

民法で定められた遺留分権利者(兄弟姉妹、おい・めいを除く法定相続人)が最低限相続できる財産割合のこと。

遺留分は、法定相続人が配偶者や子供のみの場合は相続財産の2分の1、親のみの場合は相続財産の3分の1が認められており、複数の遺留分権利者がいる場合は、遺留分に法定相続分を掛けた割合となる。

遺留分が侵害された相続人(遺留分権利者)は、相続の開始もしくは遺留分を侵害している贈与・遺贈があったことを知った時から1年以内、相続を知らなくても相続開始から10年以内に、侵害された部分の取戻しを請求(遺留分減殺請求)することができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

遺留分とは、民法で定められている一定の相続人が最低限相続できる財産のこと。
基本的には、亡くなった人の意思により書かれた遺言書が最優先されるが、配偶者、子ども、父母には、最低限相続できる財産を遺留分として保証している。なお、法定相続人第3順位となる兄弟には、遺留分は保証されていない。
遺留分を確保するには、遺言書により財産を相続した人に「遺留分減殺請求」をする必要がある。なお、「遺留分減殺請求」は、相続開始および自分の遺留分が侵害されていることを知った時点から1年間で消滅時効となる。また、相続開始から10年間経過した場合も権利行使ができなくなる。
なお、遺留分として請求できるのは、配偶者や子どもが法定相続人にいる場合は相続財産の2分の1、法定相続人が親だけの場合は、相続財産の3分の1などとなっている。

(出典 suumoホームページ)

 

被相続人が亡くなった場合に、その方の遺言書などで侵害できない相続分を遺留分と言います。遺留分は被相続人の配偶者と直系血族に認められていて、配偶者と子供の場合にはその二分の一に、直系尊属だけの場合にはその三分の一に法定相続分をかけた金額を相続する事になります。遺留分が贈与や遺贈などで侵害された場合には、それを知った時から1年以内に、あるいは、相続開始から10年以内に裁判所に申し立てをして、減殺請求をすることができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

遺留分とは、相続人に保証された最低限の相続分をいいます。
遺言書を作成すれば、法定相続分とは異なる財産の分配が可能です。しかし、遺言によって相続人の権利が侵害されていた場合など、一定の割合で保証された「遺留分」から、その権利にみあった分が相続できます。
ただし、遺留分は相続人が侵害額を請求(遺留分減殺請求)する必要があります。遺留分の請求は、慰留分の侵害を知ってから1年以内または相続開始から10年以内となります。この間に請求をしなければ、遺言にそった相続が行われます。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)

 

被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保されなければならない相続財産の割合をいう。

原則として相続財産は被相続人が自由に処分でき、推定相続人の相続への期待は権利として保障されないが、相続が相続人の生活保障の意義を有すること、被相続人名義の財産には相続人の潜在的持分が含まれていることが多く、これを顕在化させる必要があることなどから、相続財産の一定割合について相続人に権利を認めている。遺留分は、相続開始1年前に贈与された遺産などを合算して、直系尊属のみが相続人の場合は遺産の3分の1、それ以外の場合は全体で遺産の2分の1とされている。

(出典 アットホームホームページ)

 

相続人に最低限保証された相続分をいう。
被相続人は、生前贈与や遺言書の作成によって法定相続分とは異なる財産に配分ができるが、被相続人名義の財産には相続人の潜在的持分が含まれていることが多い場合など、一定の割合で保証た遺留分からみあった分が相続できる。ただし、遺留分は相続人が取り戻すために意思表示をしなければならない、これを遺留分減殺請求という。この請求は、相続開始から減殺すべき贈与や遺贈があることを知ってから1年以内、事実を知らなくても10年以内となり、この間に請求をしなかった場合は、遺言にそった相続が行われる。

(出典 野村不動産アーバンネットホームページ)

 

遺留分の制度とは、近親者の相続期待利益を保護し、また、被相続人死亡後の遺族の生活を保障するために、相続財産の一定部分を一定範囲の遺族のために留保させるものである。遺留分は、被相続人の生前贈与や遺贈によっても侵害されない権利であり、遺留分権者は、兄弟姉妹以外の相続人とされる。
遺留分の合計額は、直系尊属のみが相続人である場合は、被相続人の相続財産の1/3、それ以外の場合は被相続人の相続財産の1/2であり、これを相続分で案分すれば各人の遺留分となる。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)