銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

遺留分減殺請求とは

遺留分を侵害された相続人は、侵害した受遺者や受贈者等に対して、遺留分の減殺請求を行うことができます。この減殺請求権は相続の開始および減殺すべき贈与、または遺贈があったことを知ったときから1年間、あるいは相続の開始後10年を経過すると時効により消滅します。
なお、遺留分減殺請求は、その証拠を残すという意味で、配達証明付きの内容証明郵便で行うのが一般的です。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

遺留分(民法で定められている、一定の相続人が最低限相続できる財産)を侵害された相続人がその権利を主張すること。
権利を行使できる期間は法律で定められており、「相続開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時」から1年間で消滅する。また、この権利は、贈与等によって遺留分が侵害されていることを相続人が知らなくとも、相続開始の時から10年の経過によって消滅する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

相続人に保証されている遺留分が侵害されている場合、被相続人から遺贈された人や、生前贈与された人にたいして、侵害された遺留分を返還請求をすることができる権利です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

遺留分を侵害された相続人が、生前贈与や遺言が無効であると異議を申し立て、遺留分を侵害している「受贈者(生前に贈与を受けた人)」や「受遺者(遺言で贈与を受けた人)」に対して遺留分の不足分を請求すること。
遺留分の侵害を知ってから1年以内に請求しない場合や、侵害を知らなくても10年を経過すると時効により消滅します。遺留分減殺請求がなければ、遺留分侵害の生前贈与や遺言も無効とはならず、 生前贈与や遺贈などを受けた者がそのまま財産を取得することになります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

遺留分減殺請求とは、遺留分の権利を持っている人がその権利を侵害されたときに主張する権利のことを言います。この権利を行使できる期間は法律によって決まっており、相続開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから1年間で消滅することになります。この権利は、相続人がその権利があることを知らなくても10年を経過すれば自然消滅するものです。株式は相続の対象となる財産であるため、当然この権利が侵害されたときには遺留分減殺請求を主張することができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)