銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

嫌気とは

相場の先行きに、悲観的になること。 「いやき」とも言う。

(出典 野村證券ホームページ)

 

嫌気とは、株式などの投資相場において、下落を誘うような要素を持つニュースに対する市場の反応を表す言葉の意味を指します。反対の言葉に好感があります。株式や為替などの相場はニュースの影響も大きく受けるものとなり、その内容によっても相場は上昇や下落を繰り返します。下がるような材料が出た時には、解説においてそのニュースを嫌気してといった使い方をすることになります。比較的大きく相場が下げる時に用いられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)