銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

イブニングセッションとは

金融商品取引所の主に先物、オプション取引で、通常の日中取引(前場、後場)に続いて行われる立ち会いのこと。夕方であることから夕場取引ともいう。大阪取引所ではナイト・セッションという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

イブニング・セッション(夕場)とは、東京証券取引所で営業日の16:30から19:00まで行われる、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物取引です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

イブニングセッションとは、金融商品取引所の主に先物取引、オプション取引で、通常の日中取引に続いて行われる立ち合いを指します。営業日の16時30分から23時30分まで行われることからイブニングセッションという名称がつけられています。別名は夕場取引、ナイトセッション。平成19年から大阪証券取引所で取引が開始され、取り扱われる金融商品には日経225先物、日経225mini、日経225先物、RNプライム先物、日経300先物があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)