銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

IFRS(いふぁーす) とは

IFRSとはInternational Financial Reporting Standardsの略で、国際財務報告基準を指します。これは国際会計基準審議会( IASB)によって設定された会計基準の総称です。
従来、会計制度は国ごとに異なるのが当然と考えられてきましたが、資本市場のグローバル化が進み、どの国の企業でも実態を把握できる世界共通のモノサシが必要になってきました。そこで、2006年以降、EUを皮切りに各国バラバラな会計基準を統一基準に収束する動きが加速しています。
日本でも2007年の全面共通化の合意に基づき、法改正などの環境整備が進められ、2010年より国際会計基準による連結財務諸表の作成が一部認められました。その後も任意適用拡大への官民合わせた取り組みが進められ、いずれは全面的にIFRSが強制適用される予定です。
IFRSが徹底されれば、世界中の企業の財務状況を比較検討し、投資判断できるようになります。海外の投資マネーも日本市場により投資しやすくなることが期待されています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

国際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準です。
金融庁は2015年~2016年間取引報告書にIFRSを国内企業に強制適用する方向性を示す発表を行いました。適用されれば、会計の概念が大きく変わり、国内企業への影響は多大です。

例えば、売上げから費用を差し引き、損益を出していたのが、今後は期首から期末までの純資産の増減を包括利益として把握するようになります。のれん代は償却できなくなり、貸借対照表や損益計算書も呼び名が変更されます。
国内企業には負担となりますが、海外と同一基準を採用することで投資の垣根が取り除かれるとの期待もあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

International Financial Reporting Standards=国際財務報告基準の略。

国際会計基準審議会(IASB)等が発表した会計基準などの総称。広義では「国際会計基準」の意味で使われています。2005年にはEU域内市場で統一基準として導入され、2009年からは域内に上場する外国企業にもIFRSまたは同等の会計基準が義務付けられました。既に、110ヵ国以上で採用されており、米国、日本を含む多くの国でIFRS導入に向けた動きが活発化しています。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

英語表記「International Financial Reporting Standards」の略で「国際財務報告基準」のこと。
各国で異なっている会計ルールの統一を目指し、国際会計基準審議会(IASB)が策定した会計基準。企業の最終的なもうけである「純利益」に資産価値の増減分を加えた「包括利益」を重視するため、企業利益は保有する株や不動産の値動きから影響を受けやすくなっています。欧州連合(EU)が2005年に域内の上場企業に義務化し、100カ国以上で普及。日本では2010年3月期決算から自主的な採用が認められています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

IFRS(International Financial Reporting Standard)とは、国際財務報告基準のことを指します。IASB(国際会計基準審議会)が設定した国際的な会計基準です。EUではすでにすべての上場企業に採用されていて、適応されている国は100か国を超えています。日本では2007年に企業会計基準委員会とIASBが日本の基準と国際会計基準の違いを解消する旨の合意をし、任意開示は始まっているが強制開示については議論を重ねている状況です。

(出典 東海東京証券ホームページ)