銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

受取手形とは

企業が製品・商品やサービスを販売した際の売上代金に対して、販売先から受け取る手形のこと。約束手形と為替手形の二種類がある。約束手形は取引をする二者間で交換され、手形に定められている金額を定められた期日に現金化することができる。為替手形は主に三者間で用いられ、手形を振り出した人が実際に支払いをする人に委託して、受取人に対し、指定の期日に定められた金額を支払うことを約束するもの。手形法により、手形の作成方法、支払方法などが定められており、売掛金よりも法的強制力が強い。

相手先の経営状態が悪化し、売掛金を回収することができなくなる場合があるため、その可能性を事前に貸倒引当金として見積もる必要がある。

貸借対照表では、資産の部の流動資産のうち当座資産に分類される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

受取手形とは、企業が経営上の取引を行なうに当たり、取引をしている相手から受け取れる為替手形および約束手形のことである。

受取手形には、手形の振出人・受取人、支払人の三者が関わっている。

約束手形とは、手形の振出人が受取人に対して、指定された期日までに手形上に記載されている費用を支払うことを約束したものである。

約束手形を活用すれば、すぐに現金で費用を支払わなくても、一定期間延期できるようになるのだ。また、為替手形を活用すれば、手形の振出人から支払人に対して、決められた期日までに手形の受取人に支払いをするよう依頼することができるというわけだ。

支払いの依頼を行なわず、受取手形を満期の日まで持っていた場合には、銀行に依頼して取立てを行なってもらい、預金という形で受け取りができる。あるいは、受取手形の割引という形もあり、満期の日よりも前に銀行で現金化してもらうことができる。受け取ることができた受取手形は、他の支払い用途に利用して、受取手形に裏書することができるというわけである。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

売掛金のうち、「手形」という証書の裏付けのあるもの。有価証券の一種と位置付けられ、第三者への譲渡も可能です。約束手形、為替手形などがあります。財務諸表の勘定科目のひとつで、資産の部の流動資産に区分されます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

貸借対照表の借方項目の資産の部で計上される科目で、流動資産のうちの当座資産の一つです。製品・商品の販売やサービスの提供などによって、その企業の主たる営業取引から発生する手形債権のことを意味します。手形代金を取り立てて現金を受け取ったり、裏書をして第三者に譲渡したり、営業取引先の不渡りなどによって消滅します。受取手形を銀行等の金融機関に持ち込み割引をしてもらい換金する事ができます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

売掛金のうち、「手形」という証書の裏付けのあるもの。
有価証券の一種と位置付けられ、第三者への譲渡も可能です。約束手形、為替手形などがあります。財務諸表の勘定科目のひとつで、資産の部の流動資産に区分されます。
⇔支払手形

(出典 大和証券ホームページ)

 

受取手形とは、企業が自社の製品や商品、サービスを販売したときの売上代金に対する販売先から受け取る手形のことを言います。手形には、約束手形と為替手形の二種類があって約束手形の方は二者間で交換をされ、手形に記されている金額を定められた期日に現金にすることができます。為替手形の方は、三者の間で主に用いられ、手形を振り出した者が支払をする人に委託をして受取人に対し、指定された期日に定められた金額を支払うことを約束しているものです。

(出典 東海東京証券ホームページ)