銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

薄商いとは

取引量(出来高)が少なく相場が閑散としている状態。材料不足やイベントの結果待ちなどの際に生じやすい。取引量が全体的に少ないと、わずかな売りや買いで相場や株価などが一方向に大きく動くことがある。様子見ムード、模様眺めなどといわれることもある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

市場で売買の出来高が非常に少ないこと。
相場を動かす材料が少ないときに、このような状態になりがちです。「閑散商状」や「模様眺め」「様子見」なども同様の意味です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

市場に活気がなく、出来高が少ないこと。今日はお盆休み中なので、日本株は「薄商い」になるかもしれない。株式などの出来高(売買株数)や売買代金が少なく、相場全体または個別銘柄の取引が活況でないことをいいます。経済指標の発表や金融政策決定会合など、重要イベントが間近にある場合、投資家は相場の方向性が見えるまで売買を手控えます。その結果、出来高が細り「薄商い」となります。また、季節的要因として、日本ではお盆休み、海外では夏休みやクリスマス休暇などの時期は、市場参加者が減少し薄商いとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)