銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

内出来とは

発注した注文のうち、一部だけが約定することをいいます。たとえば、10,000株の買い注文を入れ、そのうち4,000株だけが成立した場合には、この4,000株が内出来と呼ばれます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

発注した注文の一部だけが成立すること。例えば、5000株の買い注文(あるいは売り注文)を発注して、うち1000株だけ買い(あるいは売り)が成立した場合、この1000株を内出来という。A銘柄を450円指値で5000株の買い注文を出したが、2000株だけ約定する内出来だった。株式の売買では、買い手と売り手双方の発注した価格と株数が一致した注文から成立していきますので、価格は同じでもそれぞれ注文した株数が異なれば、部分的な約定となります。これが「内出来」で、その後残りの注文が成立しないことを「不出来」といいます。一般的に、中・小型株など流通する株数が少ない銘柄は、まとまった注文が一度に約定することが難しいといえます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

発注した注文全部ではなく、一部だけが約定すること。例えば1000株の買い注文を出し、そのうち600株だけ約定した場合、この600株を内出来といいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

複数単位の注文の内、一部だけが約定することです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)