銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売上債権回転率とは

売上債権回転率とは、会社の売上債権の回収が、どの程度効率的に行われているかを示す比率。経営の効率性を分析する指標の1つ。

 


売上債権回転率 = 売上高 ÷ 売上債権売上

 


債権回転率は、これが低いほど債権回収に時間がかかることを意味しており、売上が発生した直後から売上債権として資金が拘束される期間が長いことを意味している。

店頭での現金販売を原則としているファストフード店のような場合には、この比率は限りなく高くなり、事業の構造上、資金的に効率的であるといえる。

なお、売上債権回転率は、日数(あるいは月数)で表示されることもある。売上債権回転期間は、売上債権が売上高の何日分あるかを示しており、売上債権回転率を期間で表したものである。

 


売上債権回転期間(回転日数)= 売上債権 ÷ (売上高 ÷ 365)

 


売上債権としては、ふつう受取手形、売掛金、そして受取手形を手形期日よりも早く現金化したことを意味する割引手形が含まれる。
(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

売上債権(売掛金や受取手形)がどれだけ効率的に回収されているかを表す指標。売上高を売上債権で割って求める。比率が高いほど、売上から回収までの期間が短く資金繰りが順調に進んでいることを示す。現金販売の割合が高い業種は他の業種と比べると高くなるため、同業種や過去の実績との比較が有効。

(出典 野村證券ホームページ)

 

売掛債権回転率とは、会社による売掛債権の回収がどの程度効率的に行われているかを示すための比率のことを指す。企業が一定期間に上げた売上を、その期間中の平均売掛金残高で除して計算する。

売掛債権回転率を見ることで、企業の経営における商品の販売や集金活動が適切であるかを判断できる。売掛債権回転率が高いほど、商品を販売してから代金を回収までの期間が短い、あるいは現金で販売する比率が高く代金の回収が効率的であることを表す。

売掛債権回転率を活用することで、期間中に儲けた売上高が、売上債権残高の何倍であるかを判断することができる。毎月一定の日に締切日を定め売掛合計額を月末に決済する場合、売掛期間は30日となり一年間に12回転することになる。回転率が悪い場合は、表面的には黒字となっていても、実際には回収が難しい売掛金分が含まれていることもありえる。

前もって、代金を確実に回収するための方法や販売条件を確認しておくことが大切になる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

売上債権回転率とは、会社の売上債権の回収の効率を示す指標のことで、売掛債権回転率とも呼ばれます。会計年度期間中の売掛金や受取手形などの売上高を売上債権で割ることで算出されます。また売上債権回転率は売上債権がどれほどの速さで換金されたかを見る効率性を分析するための指標とも言えます。この比率が高ければ高いほど、売り上げから回収までが早いと判断することができ、資金繰りが順調に進んでいるということが出来ます。

(出典 東海東京証券ホームページ)