銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売上総利益とは

売上総利益とは、売り上げから商品の原価を引いた利益のことで、粗利(あらり)、粗利益(あらりえき)ともいいます。
売上総利益は、財務諸表のひとつである損益計算書の中で一番初めに出てくる利益で、大雑把な企業の収益を表しています。
売上総利益を売上高で割って計算したものが売上総利益率で、同業他社との仕入れや製造などの競争力を比べることができます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

金融商品取引法の財務諸表等規則による損益計算書上において、売上から売上原価を差し引いた利益のこと。粗利益をさす。

(出典 野村證券ホームページ)

 

売上総利益とは売上げから売上原価を引いたもので粗利、粗利益ともいいます。損益計算書に初めに出てくる利益であり大まかな利益で、業種によりその計算方法は異なります。小売業や卸売業の場合は売上原価が仕入れが発生する仕入原価となるため、売上総利益=売上高−仕入原価となり、製造業の場合は、売上総利益=売上高−製造原価となります。製造業における製造原価には仕入れた材料費や部品代、工場の人件費、設備の減価償却費、電気代や燃料代などが含まれます。

(出典 東海東京証券ホームページ)