銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売上高経常利益率とは

売上高経常利益率とは、会社が営業により利益を上げる本来の能力を判断するための指標のことを指す。

売上高経常利益率 = 経常利益 ÷ 売上

の式で計算することができる。

売上高経常利益率を分析することで、現在の営業成績を会社の過去の営業成績や、同業他社の営業成績などと比較することができる。高い水準を保った営業収益に、資産の運用などで得られる営業外収益が加わるのが、理想的な経営状態とされる。反対に営業利益が非常に低く、経常利益において営業外収益の占める割合が大きい場合には注意が必要になる。

売上高経常利益率を高く保つために、売上高総利益率を意識することが第一に考えられる。そのための方法として、売上原価をできるだけ抑え、売上を大きくするということがある。また、経理などの経営部門を調整し、商品の販売に必要な費用を低くすることで、売上高営業利益率を改善できる。こうした改善を加えることで、最終的に売上高経常利益率を改善できる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

売上高経常利益率は、企業の経常利益を売上高で除し、それに100を乗じて計算した数値です。その企業の本来の経営成績である経常利益が、その期の売上高に対してどのくらいの割合を占めているかがわかります。売上高経常利益率は、その会計年度において、どれくらい儲かったのかがわかる指標の一つとして、株式取引などで活用されています。この数値が高ければ高いほど、その期の業績が良かったことになります。その企業の収益性の良さを見るときに最も参考になる数値の一つです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

売上高に対して経常利益が占める割合を示す財務指標で、金融収支の良し悪しや資金調達力の違いなどの財務体質も含めた、総合的な収益性が反映される。経常利益を売上高で割って求める。一般的には売上高営業利益率と併せてみることが多い。

(出典 QUICKホームページ)

 

売上高に対する経常利益の比率のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)