銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売上高成長率とは

売上高成長率とは、会社の成長性を示すもっとも基本的な指標。売上高成長率が高いほど会社の規模が大きくなっているといえる。

売上高成長率 = 売上高増加額 ÷ 基準時点での売上高 × 100

売上高成長率が高くても、それが市場の成長率や物価の上昇率を下回っている場合には、実質的な売上高の減少が起きていることを意味するので注意が必要である。 また、急激な売上成長に伴って、借入金の増加による安全性の低下、債権回収や棚卸資産の管理が追いつかないなどの事態が生じることがあるため、「バランスのとれた成長」であるかどうかを見抜く必要がある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

売上高成長率とは、会社がどの程度の割合で成長しているかを表すための指標を指す。

売上高成長率 = 売上高増加額 ÷ 売上高

の式で計算することが出来る。

売上高成長率が高いほど、会社の経営状態が良いことを表している。とはいえ、売上高成長率が高かったとしても、市場自体の成長率が落ちる一方で物価の上昇率が低くなると、売上高が減少してしまうことがあるので注意が必要。

売上高成長率を分析することで、将来的な規模拡大の予測が出来るだけでなく、現時点での成長力を知ることもできる。成長率の検討を行なう上で重要になるのは、常にバランスが取れた成長をできているかを判断すること。

成長率が落ちている要因として、企業の経営状態によるものだけではなく、市場全体が成熟期から減退期に差し掛かっていたり、主力商品の競争力が落ちていることも考えられる。

以上のようなかたちで成長率の分析を行なうことで、長期的に安定した経営をすることができる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

売上高成長率とは、決算書の数値などを基に企業の成長性を分析することを指します。経営を量的に分析する財務諸表分析のひとつで、「売上高伸び率」とも呼びます。当期の売上高を前期の売上高で割り、百分率で表しますが、売上高とは、企業の成長性や規模の拡大をはかる要素のひとつとしてあります。一般的に、売上高が前期よりも増えれば増収と見なされ、企業の活動量も大きくなっているとされています。当期の売上高成長率だけで判断するのではなく、過去5年間程度の数値の変化をもって判断するのが好ましいでしょう。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

売上高の伸びから、企業の成長性、企業規模の拡大をはかる尺度として用いられます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)