銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売掛金とは

売掛債権のうち、まだ回収していない分。商品・製品販売やサービス提供で発生している未収金のうち、回収が見込めるものです。ただ、債務者の状況によっては売掛債権を回収できない場合もあるため、会計上、事前に貸倒引当金を設定することが必要です。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

企業間で取引がされた時に、売り上げの代金がまだ支払われていない状態のことを売掛金と言います。信用に基づいた取引方法で、相手企業のモノやサービスを購入した企業は、指定された期日までに後払いで代金を納めます。しかし、売掛金がある状態で相手企業が経営難などで倒産してしまうと、売掛金の回収が不可能になる恐れがあります。この際には貸倒引当金として事前に見積もっておきます。貸借対照表においては、資産の内の当座資産に分類されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

企業が製品・商品やサービスを販売した際の売上代金に対する未収金のことで、企業間の信用に基づき、現時点ではなく将来の現金の受取りを約束した取引。未収金に対して約束手形が発行された場合は受取手形に分類される。

相手先の経営状態が悪化し、売掛金を回収することができなくなる場合があるため、その可能性を事前に貸倒引当金として見積もる必要がある。

貸借対照表では資産の部の流動資産のうち当座資産に分類される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

売掛債権のうち、まだ回収していない分。
商品・製品販売やサービス提供で発生している未収金のうち、回収が見込めるものです。ただ、債務者の状況によっては売掛債権を回収できない場合もあるため、会計上、事前に貸倒引当金を設定することが必要です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

売掛金とは、掛取引という取引形態の中で商品やサービスを納品した場合に、代金を受け取ることができる債券(権利)のことを指す。

勘定科目としては、資産の部の流動資産へ区分される。

また、掛取引とは商品やサービスの引き渡しを先に行い、代金の受け取りをその場ではなく、定められた期日までの間に行う取引形態のことを指す。

掛取引には、用いることで大型の取引を行いやすくするなどのメリットがある反面、商品やサービスを納品する側の企業にとっては、未回収金となるため、以下のような形で注意をすることが必要である。

・事前に取引先の信用調査などをしっかり行う
・支払、振込の期日などの確認を怠らない
・経営セーフティ共済への加入をしておく

また、代金の回収ができなかった場合には、未回収分の金額を貸倒引当金として計上するといった対策を取ることが重要となる。

(出典 マネーフォワードホームページ)