銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売掛債権とは

営業行為などによって、商品やサービスを顧客に販売・提供をしたものの、まだ受取っていない代金を請求できる権利のこと。売掛債権は資産とみなされる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

売掛債権とは、会社が販売している製品とかサービスを購入した側が、代金を支払っていない時に生じる債権のことです。製品やサービスを購入した側は、料金を支払う義務ないし債務を背負っているということができます。例えばクレジットカードで買い物をしたときに、カード利用者はカード会社に債務を負っているといえます。カード会社は売掛債権をカード利用者に対して保有しているということができます。売掛債権は資産とみなされます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

売掛債権とは、品物の販売やサービスの提供をした会社が、取引先や顧客から代金の支払いを受ける権利のことを指す。売掛債権は、売上債権と呼ばれることもある。

売掛債権は代金を受け取ることが出来る権利のため、会計上は資産とみなすことができる。そのため、売掛債権を担保として銀行からの借入れを行なうこともできる。勘定科目としては、資産の部の流動資産に区分され、売掛債権で手形を保有しているときは受取手形、保有していないときは売掛金に分類される。

売掛債権には行使できる期限が定められており、その期限までに代金支払いの請求を行わないと、権利を行使することができなくなるケースがある。売掛債権の時効は、契約の形態や役務の提供など債権の種類によって変わってくる。

なお、時効が近づいてきた場合に、時効の中断をすることができる。支払い誓約書などへの署名捺印の要求などにより、支払いの承認を行なってもらうことで時効を中断できる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

商品やサービスを提供した対価として、将来のある期日に代金決済すると決めて取引(掛け取引)する際に、販売した側がお金を受け取る権利のこと。

(出典 大和証券ホームページ)