銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売出とは

既に発行された有価証券の売付けの申込み又はその買付けの申込みの勧誘のうち、50人以上の者を相手方として行う方式を指す。対象者条件が同じで、新たに発行される有価証券の取得の申込みを勧誘する「公募(募集)」と対比される。

例えば、株式を公開する場合など、その発行会社の大株主が所有する株式について、証券会社を通じて不特定多数の一般投資家に取得させる場合が該当する。また、発行会社が浮動株主を増やして金融商品取引所の一部指定基準を充足することを目的としたり、市場第一部から第二部への指定替え基準、上場廃止基準に抵触しないようにすることを目的として実施されることもある。

なお、平成14年1月以降、募集・売出しの需要状況やその後の流通市場における需給関係の悪化を防ぐ観点からオーバーアロットメントという制度が導入された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

既に発行された有価証券の売り付けの申し込み、またはその買い付けの申し込みの勧誘を多数の者(50名以上)を相手方として行う場合のうち、私売出し(多数の者に譲渡されるおそれがないもの、適格機関投資家向け等)に該当しないものを売出しといいます。

(出典 日興証券ホームページ)

 

既に発行された有価証券の売付の申し込みまたはその買付の申し込みの勧誘のうち、均一の条件で、50名以上の者を相手方として行なうもの。A社は、全株数の15%に相当する自己株式500万株を売り出すことを決議した。売出は、同社株式の流動性の向上を目的としている。「売出」とは、親会社や創業者といった大株主が所有する株式の一部を公募により同じ条件で50人以上の一般投資家向けに販売するもので、2つのパターンに分けられます。1つは、株式を新規公開(IPO)する際に、新規発行株と合わせて売り出すパターン。もう1つは、すでに上場している企業の大株主が、証券会社を通じて売り出すパターンです。後者の場合、東証2部市場から東証1部市場への昇格を目指すなど、株式の流動性の確保が目的となることが多いようです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

すでに発行された有価証券を、50人以上の不特定多数の人に対して同一条件で売り付け申し込み、または買い付け申し込みを勧誘すること。
株式を上場する際に、その発行会社の大株主が所有する株式を、不特定多数の一般投資家に取得させるような場合に実施します。また、金融商品取引所の基準を充足させるためや、上場廃止もしくは指定替え基準に抵触するのを防ぐために行われることもあります。

(出典 大和証券ホームページ)