銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

売建とは

信用取引で新たに売付けること。売建玉(うりだてぎょく)とは、買戻しをせず、未決済のものとして残っている売り約定をいう。相場の需給悪化で値下がりが見込まれることから、保有する現物株の値下がりリスク回避(ヘッジ)の手段として、信用取引で保有銘柄を売建する。信用取引や先物取引、FX(外国為替取引)、CFD(株価指数取引)、商品先物取引などで、新規に売ることを「売建」といいます。信用取引の場合、実際に保有していない株式を一時的に売ることになり、原則、ある期限までに必ず反対売買(売りの場合は買い)で決済する必要があります。信用取引で売りを建てている状況を、「ショート」または「ショートポジション」と呼びます。

(出典 東海東京証券ホームページ)