銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

上値とは

株式市場などのマーケットにおいて、現在の株価よりもさらに高い株価のことを指します。まだ株価の上がる余地のある場合を「上値を残す」、引き続いて値上がりし、その値を追いかけるように一段と買いが盛んになる場合を「上値を追う」などといいます。また、株価が上がりそうで上がらない状況のことを「上値が重い」といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

現在の株価以上の値段のこと。さらに高い株価のこと。
株価の値上がりが続き、勢いよく上昇する状態を「上値を追う」、株価が今の状態に止まって、なかなか上昇しない状態を「上値が重い」などという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

現在の水準の値段より高い値段のこと。
相場が上げ止って、これ以上高くなることが期待できそうにないとき、「上値に乏しい」などということがあります。また、勢いよく上昇する状態では「上値を追う」「上値追い」などと表現し、逆にそこが上昇の限界と判断されれば「上値は重たい」などとも使われます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

現在の値段などよりも高い値段。FRB議長講演を控え、後場の日経平均は膠着感の強い展開が継続。市場参加者も限定的で、売買代金も膨らまず上値の重い展開が続いている。現在の株価よりも高い株価が「上値」です。株価が上値に向かっているとき、その状況をさまざまな言葉で表現します。買いの勢いが強くなり一段と株価が上昇していくことを「上値を追う」、上がりそうでなかなか上がらないことを「上値が重い」、まだ上昇の余地があることを「上値を残す」、ある水準までしか上がらないことを「上値は限定的」などといいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)