銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

運営管理機関とは

確定拠出年金において、制度の運営管理を行う専門機関。厚生労働省と金融庁の承認を受ける。運営管理機関の業務は「運用関連業務」と「記録関連業務」の2業務に分けられる。

「運用関連業務」は、確定拠出年金の加入者が運用方法を選定する上で必要となる各種情報の提供であり、資産運用の専門性を有する金融機関が主に行っている。一方、「記録関連業務」は、確定拠出年金の加入者の属性やそれまでに行ってきた運用実績の管理(口座管理)などが中心であり、膨大なシステム投資が必要であるため、共同で設立した事務処理会社にアウトソースするケースが多い。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

確定拠出年金(DC)の制度を運営する専門的な金融機関のこと。厚生労働省と金融庁の承認を受けた銀行、証券、生損保などが業務を行っています。DCを導入する事業会社をサポートして規約を作成したり、従業員が投資する商品ラインアップを用意したりします。また、各企業の規約がスタートした後も、企業や従業員に資産運用や投資教育に関する情報を継続して提供しています。さらに、個人型DCでも、国民年金基金連合会の委託を受けて、商品提示や投資教育などを実施しています。運営管理機関には、「記録関連運営管理機関」と「運用関連運営管理機関」があります。略して「運管」ともいいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

確定拠出年金制度において運営管理業務を営む法人のこと。主務大臣(厚生労働大臣および内閣総理大臣)への登録が必要となる。運営管理機関として登録を受けた法人は、どのような業態でも運営管理業を営むことができる。運営管理機関は、運営管理業務のほか、事業主または国民年金基金連合会の委託を受けて、資産の運用に関する基礎的な資料の提供その他の必要な措置(いわゆる投資教育)を行うこともできる。
 (出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

確定拠出年金制度の運営管理を担当する専門機関です。厚生労働省と金融庁の承認を受け、「運用関連業務」と「記録関連業務」が主な業です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

確定拠出年金(DC)の制度を運営する専門的な金融機関のこと。
厚生労働省と金融庁の承認を受けた銀行、証券、生損保などが業務を行っています。DCを導入する事業会社をサポートして規約を作成したり、従業員が投資する商品ラインアップを用意したりします。また、各企業の規約がスタートした後も、企業や従業員に資産運用や投資教育に関する情報を継続して提供しています。さらに、個人型DCでも、国民年金基金連合会の委託を受けて、商品提示や投資教育などを実施しています。運営管理機関には、「記録関連運営管理機関」と「運用関連運営管理機関」があります。略して「運管」ともいいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

確定拠出年金制度を運営する機関のひとつであり、企業型年金の場合は企業が、個人型年金の場合は国民年金基金連合会が選任します。銀行や証券会社、保険会社などの金融機関が中心であり、厚生労働省のホームページの運営管理機関登録業者一覧に業者の名前が掲載されています。運営管理機関の業務は運用関連業務と記録関連業務の2つに分けることが出来ます。運営管理機関になるには、業務の全部、あるいは一部を適切に実施する体制が整っているなどの一定の要件が必要となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)