銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

運用会社とは

運用会社とは、投資信託の運用の指図を行う会社のことで、投資信託会社、投信会社などとも呼ばれています。
運用会社では、投資信託を開発したり、運用の際の売買の指示、投資判断などを行い、投資信託の決算ごとに運用報告書を発行します。
投資信託は、運用の指図を行う運用会社の他、商品を販売する販売会社(証券会社など)、資産を預かり売買を実行する信託銀行が主体となって運営されています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

投資信託において、資産(信託財産)の運用方針や商品内容を決定し、資金の実質的な運用を行う機関。「投資信託委託会社」や「委託者」とも呼ばれる。

一般的に、投資信託では「販売」、「運用」、「管理・保管」を別々の専門機関が担っており、運用会社は投資家(=「受益者」)から資産の運用を委託され、受託銀行への指図を通じて、資金の実質的な運用を行う。なお、信託財産は受託銀行によって分別管理されているため、運用会社が万一破綻した場合も、信託財産は保護される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

運用会社とは、資産を運用してくれる会社で、口座を開設し、入金することで投資を自分でまたは専門家にお願いして行うことを業務としています。投資の依頼は、電話やインターネットや窓口で行います。投資は、株式やFXや国債など様々なジャンルがありますが、運用会社によって取扱いが異なることがありますので、目的の商品があるかの確認が重要です。また、手数料も異なります。インターネットが最も手数料が安く自分のペースで時間を作って運用できます。

(出典 東海東京証券ホームページ)