銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

運用スタイルとは

運用スタイルとは、投資・運用を行うにあたり最も基本となる考え方や手法のことを言います。投資スタイルとも表現されます。これは投資信託等を扱う運用会社に限ったことではなく、投資家個人も明確にしておくことが目的にあった運用のために必要と言えます。運用スタイルは幾つかに分類され代表的な分け方としては、成長率に着目するグロース型・株価の割安に着目するバリュー型等が挙げられます。各スタイル長所・短所がありますので、投資家の目的、投資資金等にあった運用スタイルを選ぶことが重要と言えます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資スタイルともいい、投資をおこなう際に基本となる考え方や手法を総称していう。代表的な運用スタイルに、バリュー型とグロース型がある。投資家が運用目的に合った商品を選択するためには、投資対象の運用スタイルに着目することも重要なポイントとなる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

投資にあたっての姿勢や方法のことです。運用スタイルとも呼ばれます。あらかじめ組み入れる資産の種類やその割合などを定義したものです。投資一任契約のラップ口座などでは、利用者が金融機関に投資目標やリスク許容度などに基づいたアセットアロケーションや組入銘柄などを投資スタイルとして指示します。株式投資では、株式をその属性によって分類する大型株/小型株、成長株/割安株のどの分野に投資しているかを投資スタイルと言います。また、株式に投資する投資信託などがどのスタイルかを調べることをスタイル分析と言います。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)