銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ALMとは

資産(Asset)と負債(Liability)の双方を一元的に総合管理(Management)する手法のこと。特に、銀行や保険会社など、多額の預金や保険払込金を「負債」勘定として有する金融機関のリスク管理に用いられる。「資産」には国債など投資収益を上げるための有価証券が該当し、市場金利や株価、為替動向などによる価格変動や流動性などのリスクを負う。金利変動による予想損益額などのシミュレ—ションを行い、時価変動する資産と負債との間でバランスを取りながら、金融機関の経営リスクを軽減する目的で活用される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ALMとは、金融機関が、さまざまなリスクを想定して、資産・負債を総合的に管理すること。これにより、金利や為替の変動等の市場リスクや、流動性リスクをコントロールし、リスク発生時にも損失を最小限に抑え、一方で、収益の極大化を目指す。1970年代後半から米国の金融機関において本格的に導入が開始され、日本には1980年代から大手金融機関を中心に順次導入された。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

英語表記「Asset Liability Management」の略で「資産・負債の総合管理」のこと。金融機関で用いられる資産と負債のリスク管理手法で、金利変動リスク、信用リスク、流動性リスクなどのリスクをコントロールしながら、将来的な資産と負債バランスの適性化を図り、収益の最大化を目指します。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

ALMとはリスク管理の手法で、Asset liability managementの略称です。企業が自社の資産や負債を総合的に管理することです。特に金融機関に主に見られる方法です。収益の増大、自社のキャッシュフロー(企業における資金の流れ)だけでなく、為替や金利におけるリスクを考慮した上で、オプション取引やヘッジ取引(現物の価格変動リスクを先物取引などを使用して回避することを指します)によって、リスクの減少を図ることができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

金利や為替の変動リスクを不足なく評価し、企業として資産と負債を総合的に管理すること。
ALMは「資産・負債の総合管理」といい、主に金融機関において活用されているバランスシートのリスク管理方法です。

【資産と負債を一元管理】
金融機関では、金融自由化という環境変化の下で、将来の金利や為替などの変動によって損失が生じるリスクを適切に予測し管理することが収益管理の基本的な課題になっています。そこでは、リスクの許容範囲内における収益の極大化、もしくは過度のリスクを回避して損失額を極小化することが必要です。

ALMでは、資産の金利更改や負債の金利更改を不足なく把握し、これらの変動による資産や負債の価値および期間損益の変化を考慮した資金の調達・運用を行います。銀行、証券、ファンド、不動産等の金融関連企業ではバランスシートの資産の側も金融資産であるため、資産と負債を別個に管理するのではなく、一元管理することが特に重要になります。

金利や為替リスクにさらされる点は、一般事業会社も同じです。そのため、この考え方は事業会社の財務部門においても、最適資本構成を考える上で活用されています。
【ALMとサブプライム問題】
ALMの管理のためには、まずデリバティブなどのオフバランス項目も含めた資金調達・運用の残高を、資金の特性別や期間別等で把握できる体制を構築します。その上で、将来の金利などの変動を適切にシミュレーションし、将来の期間収益予測を行います。

許容範囲を超えた予想損失額が見込まれる場合には、適切なヘッジ・オペレーションを施して、その結果を常にモニターしながらリスクを縮小させる(収益を確定させる)ように管理していきます。

例えば、米国の住宅ローン会社は、短期での資金調達を行い、長期での融資を行っていますが、ALMの下では資産と負債のリスクがバランスしません。そのため、住宅ローン債権は証券化・再証券化を経て、投資家に販売されていました。しかし、もともと返済の遅延・不能リスクが高い債権であり、住宅価格上昇が鈍化し遅延・不能リスクが顕在化した2007年には、サブプライム問題を引き起こしました。

(出典 野村総合研究所ホームページ)