銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

永久資産とは

永久資産とは、使ってもその資産の価値が減らず永久的に使用することができる資産のことです。一般的には土地が該当します。永久資産は減価償却の資産にはならないというところが、他の固定資産とは異なるということができます。ゴールドもかなり永久資産に似たものとしてみなされがちですが、ゴールドは加工することはできても、使うことはできないので永久の資産とはみなされていないです。土地は、そのうえに商業施設や住宅を建てることができるというところで異なっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)