銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

永久劣後債とは

債券の発行体が法的に倒産した際の清算時において、一般無担保社債や優先社債に比べて元利金の弁済順位が低い「劣後債」のうち、償還期限のないものを指す。通常は、発行体が途中で繰上償還する取得条項が付けられている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

永久劣後債(えいきゅうれつごさい)とは、債券の発行体が法的に倒産した際の精算時において、一般無担保社債や優先社債と比べて元利金の弁財順位が低い「劣後債」のうち、償還期限がなく、発行体が存在する限りは利息が払われ続けるものを指します。通常は発行体が途中償還する取得条項が付けられています。自己資本に近い性格のため、銀行が国際決済銀行の自己資本比率規制に対応するために発行する場合が多いと言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)