銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

営業キャッシュフローとは

企業が、商品販売やサービス提供で得た収入から、仕入れや営業活動に必要な諸費用を差し引き、本来の営業活動から得られた金額を明らかにしたもの。経常利益・減価償却費・法人税の支払い等の「業績」と、売上債権・棚卸資産・買入債務等の「取引条件」に分けられる。営業キャッシュフローが潤沢な企業ほど、外部からの資金調達に依存する割合が少ないため、経営が安定する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

営業キャッシュフローとは、企業が商品販売やサービス提供をすることで得た収入から、仕入れや営業活動に必要な諸費用を差し引き、本来の営業活動から得られた金額を明確にしたものを言います。経常利益や減価償却費、法人税の支払いなどの「業績」と売上債権、棚卸資産、買入債務などの「取引条件」に分別されます。営業キャッシュフローが充分にある企業ほど、外部からの資金調達をする割合が少なくなるため、安定した運営をしていることになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)