銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

営業循環基準とは

企業会計原則が指示する資産および負債を、流動・固定に分類するために設定された基準。
材料→仕掛品→製品→売上債権といった、営業循環の過程にある資産とこれらの資産の調達によって生じた仕入の債務を、一年基準に関係なく、流動資産、流動負債とする基準のこと。

(出典 野村證券ホームページ)

 

営業循環基準とは、企業会計原則が支持する、資産あるいは負債を「流動」・「固定」に分類する為に、設定された基準のことをいいます。この企業会計とは、企業会計の実務において、慣習として発達した中から、一般に公正・妥当と認められる基準を要約したものです。つまり営業循環の過程(材料→仕掛品→製品→売上債権)において、資産の調達によって生じた仕入れの債務を、一年基準に関係なく、「流動資産」・「流動負債」とする基準のことです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

負債・資産を、流動・固定に分類するための基準のことです。
製品を製造する際、材料を仕入れ→製品加工して→製品を作り→売るといった企業活動における、資産と、その資産調達のために生じた債務を、一年基準とは関係なく「流動資産」「流動負債」とする基準のことをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)