銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

営業利益とは

営業利益とは、損益計算書上に表される利益のひとつで、企業が本業で稼いだ利益を表します。売上高から売上原価を差し引いた「売上総利益」から、さらに「販売費および一般管理費(販管費)」を差し引いて計算します。一般的な商売であれば、商品を仕入れて販売するのが本業です。売上高から仕入れ値を差し引いた額が「売上総利益」となりますが、売り上げのためには、仕入れ以外にも人件費、広告費、光熱費などの費用がかかります。売上総利益から、これらの「販売費および一般管理費」を差し引くと、商品を仕入れて販売するという本業で稼いだ「営業利益」が計算できます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

企業が営業活動により得た利益のことで、本業のもうけを示します。営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費。売上総利益は売上高から売上原価を差し引いたもの、販売費及び一般管理費は広告費や人件費などのコストです。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

企業が本業でどれくらいの利益を稼いだかを示す数値。一般事業会社では、売上高から製造原価や仕入原価などの売上原価と、販売費・一般管理費(販売・管理部門の人件費、広告宣伝費など)を差し引いて計算。数値がマイナスの場合は営業赤字、営業損失などという。A社は、第1四半期決算を発表した。売上高は前年同期比3%増の1350億円、営業利益は同98%増の268億円、純利益は105億円。通信事業が好調だった。企業会計の損益計算書では、収入や経費の性質に応じて段階的に利益を計算します。売上高から仕入れた材料等の原価を差し引いたものが売上総利益(粗利益)、そこから販売費と一般管理費を引いたものが営業利益です。営業利益は本業で得られる利益を表しており、真の収益力=実力がどうなっているかが分かります。もし営業利益がマイナス(赤字)であれば、本業では儲けが出せていない、問題のある状態であると考えられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)