銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ABSとは

資産担保証券(ABS:Asset Backed Securities)とは、商業用不動産担保ローンや住宅ローン、自動車ローン、リース、クレジットカードなどに関する貸付金銭債権等の資産を裏付けとして発行される証券の総称です。典型的なスキームとしては、ある企業が特定目的会社(SPC:Special Purpose Company)に特定の資産を譲渡し、SPCがその資産を裏付けとして証券を発行する「証券化」の仕組みにおいて発行される証券です。わが国ではSPCの代わりに信託が用いられることが多く、現在ではほとんどのABSが信託受益権の形で発行されています。
ABSのうち、社債や企業向け貸付債権などを裏付けとするものをCDO(Collateralized Debt Obligation)といいます。
CDOに分類されない自動車ローン債権、リース料債権、クレジットカード債権等の主にノンバンクが保有する金銭債権を裏付けとするものは、単にABS(狭義のABS)といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

Asset Backed Securitiesの略称で和訳は資産担保証券。1998年9月、日本において旧証券取引法上の有価証券として認められた。従来は、有価証券を発行する会社は、発行会社全体での信用力や収益力を裏付けに資金調達していたが、所有する不動産や債権など資産の信用力やキャッシュフローを裏付けにして、債券やコマーシャルペーパー等を発行して、資金調達することが可能となった。
その商品特性から、信用リスクの分散化や移転を通じた「企業金融の円滑化」に貢献する効果が期待されている。
米国では、自動車ローン、リース・クレジットカードなど、各種の債権や商業用不動産などの資産を裏付けとして発行される証券の総称として呼ばれている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

Asset Backed Security=資産担保証券の略。企業が保有する資産や債権を担保にして発行する証券です。企業自体の信用力ではなく、資産や債権そのものの信用力やキャッシュフローが裏付けになります。キャッシュフローを生み出す資産や債権であればABSの担保にすることができます。売掛債権、リース債権、自動車ローン債権、クレジットカード債権、社債、商業用不動産などがあります。企業は、証券の発行体として設立されたSPC(特別目的会社)に資産や債権を売却し、SPCがそれを裏付けにした証券を発行して投資家に販売し、資金調達を行う、という仕組みが一般的です。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

資産担保証券のことです。自動車ローン、リース・クレジットカードなど、各種の債権や商業用不動産などの資産を裏付けとして発行される証券の総称です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

ABSとはassetbacked securityの略称で、資産担保証券のことを指します。日本における成立は、1998年9月に旧証券取引法上における有価証券と認められました。それまでは会社の信用力をベースに資金調達してましたが、所有する不動産や債権などのキャッシュフローを生み出すものを担保に資金調達することが可能となり、実際には自動車ローンや、売掛債権、リース債権などのABSも発行されています。また企業が保有する資産をSCP(特別目的会社)に売却し、SCPはその資産をもとに証券を発行し、投資家へ販売する流れとなります。ABSの持つ商品性から、企業の金融の円滑化に貢献するとの見方もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)