銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

益金不算入制度とは

企業会計と税務会計の違いを調整するため、受取配当など一定の項目について、企業会計上の収益であっても法人税所得の金額を計算するうえで益金には算入しないこととする制度。

(出典 野村證券ホームページ)

 

益金不算入制度とは企業会計と税務会計の違いを調整するため、受取配当などの一定の項目について、企業会計上の利益であっても法人税所得の金額を計算する上で益金には算入しないこととする制度のことを言います。平成21年4月1日以後開始する事業年度において配当支払い義務の確定する日以前6か月以上継続して発行済株式などの25%以上を保有する外国子会社から受ける配当などの額について適用がされます。この制度において配当額の95%の部分は益金にされず、配当金などに係る外国源泉税の直接外国税額控除などには適用がされません。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

会計上の利益と法人税所得の相違を是正する措置の一つです。法人が他の国内法人から受けた株式の配当金や株式投信の収益分配金、あるいは法人税・住民税など一部の税金還付金について、その一定金額を益金(法人税計算上の課税所得の対象となる収入)から減算することを言います。そもそも配当金は、それを支払う法人において課税後の利益から支払われるものであり、更に受け取る段階でも課税(二重課税)されるのを軽減する制度です。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

企業会計上の利益と課税標準となる法人税所得との相違を是正するため、一定の項目に関し、企業会計上の収益であっても、所得の計算のもととなる益金には含めないという措置をとることをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)