銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

益利回りとは

1株当たり税引き利益を株価で割ったもの。PERの逆数(1/PER)で、この数値が高いほど株価が割安と判断される。金利水準を比較する目的で「イールドスプレッド」、「イールドレシオ」などで活用される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

1株当たり利益を株価で割った指標。
略して「益利回り」とも呼ばれます。株価収益率(PER)の逆数(1/PER)で、株式益利回りが高いほど、株価は割安と考えられています。金利水準との比較を目的としているため、長期金利(長期国債の利回り)から株式益利回りを差し引いた「イールドスプレッド」や、長期金利を株式益利回りで割った「イールドレシオ」などで、株式相場の割安・割高を判断したりする場合にも活用されます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

益利回りとは、1株当たりの税引き価格を、株価で割ったものです。株価収益率の逆数で、株式利益率は、この数値が高いほど、割高となるのに対し、益利回りは、この数値が高いほど、株価が割安だと判断されます。益利回りは、株価水準と、1株当たりの税引き価格を比べる点では、株価収益率と同じ発想ですが、金利水準を比較しているため、逆数となっています。また、金利水準を比較する目的で、イールドスプレット、イヘールドレシオなどで活用されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)