銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

エクイティファイナンスとは

新株発行、CB(転換社債型新株予約権付社債)など新株予約権付社債の発行のように、エクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達のこと。発行会社から見ると、原則として返済期限の定めない資金調達であり、財務体質を強固にする効果がある。
一方で、投資家から見ると、調達した資金が中期的な利益の拡大に貢献する投資に充当されない場合、一株当たりの株式価値が薄まることとなるため、通常、エクイティファイナンスを実施する場合は、株主に対する合理的な説明が必要になる。
これに対して、銀行借入・普通社債などのように他人資本が増加し、返済期限の定められた資金調達のことをデットファイナンスという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

新株式発行を伴う資金調達のことで、企業の株主資本の増加をもたらす資金調達のことをいいます。具体的には、公募増資、株主割当増資、第三者割当などの増資や、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付社債の発行などがあります。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

エクイティファイナンスとは、エクイティ(株式資本)の増加につながる資金調達のことを意味し、具体的には新株発行、CB(転換社債型新株予約権付社債)をはじめとする新株予約権付社債の発行を指します。発行会社にとってこれは財務体質を強固にするという利点があります。なぜならば、エクイティファイナンスは原則として返済期限が定まっていない資金調達だからです。しかし一方、投資家にとっては、エクイティファイナンスを実行するには株主に対して合理的な説明を行う必要があります。その理由は、調達した資金が中期的な利益を増やすことにつながる投資に充てられない場合、一株あたりの株式価値が薄くなってしまうからです。

(出典 東海東京証券ホームページ)