銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

エクスポージャーとは

エクスポージャーとは、投資家や企業が持つ金融資産(ポートフォリオ)の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合い(割合)のこと。例えば、外貨建ての資産を保有している場合、為替変動リスクに対するエクスポージャーを保有していることとなり、為替ヘッジ取引等のリスクヘッジを行うことで、(外貨)エクスポージャーを減少させることができる。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

投資家の持つポートフォリオのうち、直接的にかかわる特定のリスクにさらされている資産の割合のこと。また、市場の価格変動の影響度合いを意味する感応度しても用いられる。株式では先物やβが、債券ではデュレーションやコンベクシティが、それぞれエクスポージャー(感応度)調整で利用される。英語表記はExposure。

(出典 野村證券ホームページ)

 

投資家の持つポートフォリオのうち、直接的にかかわる特定の「リスク」や「対象」に対する資産の割合のことをいいます。例えば、為替ヘッジを行わない外貨建て資産の保有比率を外貨エクスポージャーといいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

エクスポージャーとは、投資家が持っているポートフォリオの中で、直接的に関わってくる特定のリスクにさらされている、資産の割合のことを表す物です。またこれ以外にも、市場の価格変動の影響度合いを意味する感応度として用いられる場合があります。株式における先物が、債券におけるデュレーションやコンベクシティが、それぞれこのエクスポージャーの調整で利用されます。英語表記はExposureとなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)