銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

エクスワラントとは

旧商法時代に発行された分離型ワラント債(新株引受権付社債)のワラント(新株引受権)を切り離した社債部分のこと。
「ポンカス債」と呼ばれることもあります。2002年の商法改正で、ワラント債は「新株引受権付社債」から「新株予約権付社債」に改められ、非分離型ワラント債だけを「新株予約権付社債」としました。一方、分離型ワラント債は「新株予約権+社債」とされ、現行法では、新株予約権と普通社債(SB)の同時発行という形式を取ります。ワラントと社債が分離されていないものをカムワラントといいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

新株引受権付社債のうち、いわゆるワラント債といわれるものの社債部分のことをいい、「ポンカス」と呼ばれることもあります。
普通社債と同様、定期的に利息を受け取ることができます。また、ワラント債のうち、ワラントと社債が分離されていないものを「カムワラント」と呼ばれています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

エクスワラントは、分離型ワラント債のうち、ワラント債の社債部分のことを言います。ポンカス債と呼ばれることもあります。エクスワラントは、普通社債と同じように一定期間ごとに利息を受け取ることができます。通常、エクスワラントの利息は普通社債よりも低く、転換社債よりも高く設定されていることが多いです。ワラント債部分がないので、その分ディスカウントされており、クーポンが付随した割引債券になっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

ワラント債の社債部分のこと。

(出典 野村證券ホームページ)