銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

エコファンドとは

従来の投資尺度だけでなく環境対策に役立つ製品を製造している企業や企業の社会的責任としての環境問題への取り組みも投資尺度に加えて銘柄選定を行う投資信託の総称です。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

環境に配慮した経営を行っている企業を中心に投資する投資信託のことです。収益率や成長性など、従来の投資尺度にかかわらず、環境に配慮した製品を製造している、環境問題に積極的に取り組んでいるなどの観点から、投資先を選んで投資している点が特徴です。広義には、社会責任投資(SRI:Socially Responsible Investment)に含まれます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

エコファンドとは、環境の配慮した経営を行っている企業を中心にして投資を行う投資信託の総称です。従来の投資尺度に関わらず環境に配慮した製品を製造していたり、地球温暖化や水問題、大気汚染などの環境問題に積極的に取り組んでいるなどの観点から投資先を選んで投資を行うのが特徴です。エコファンドは企業の環境対策活動を応援する社会的意識の高い投資家を対象としており、社会的、倫理的基準を考慮して企業に対する投資判断を行う社会的責任投資の考え方があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)