銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

SECとは

SEC(Securities and Exchange Commission)は、投資家保護と公正な市場整備のため、1934年に設立されたアメリカの市場監視機関(連邦政府機関)です。日本語では「証券取引委員会」と呼ばれます。株式や債券などの証券取引の監督・監視を行っています。証券取引の法規を管理しており、企業の不正会計やインサイダー取引などを防止するために活動しています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

英語表記で「Securities and Exchange Commission」の略で、「米証券取引委員会」のこと。投資家保護と公正な価格形成を目的に、米国の証券取引を監視・監督する連邦機関です。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

Securities and Exchange Commissionの略称で和訳は米国証券取引委員会。1934年に設立された連邦政府機関。投資家保護のために、証券取引法規を管理している。
日本では、証券取引等監視委員会がこれにあたる機能を有している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

SECとはSecuritise and Exchange Commissionの略で、米国証券取引委員会のことを指します。1934年に設立された政府機関で、投資家保護と市場整備の役割を担っています。日本では証券取引等監視委員会がこれに近い機能を有しています。証券取引における法規を管理していて、たとえば見せ玉やカラ売りによる相場操縦、インサイダー取引、企業の不正会計、風説の流布などを防止するための活動を行っています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

SEC(Securities and Exchange Commission、アメリカ証券取引委員会)とは、証券市場における公正な取引確保と投資家保護を目的に、1934年に設立された米国の連邦政府機関である。主にSECは、証券取引の法規を管理しており、具体的にはインサイダー取引の防止や企業の不正会計防止に向けた活動に取り組んでいる。日本においては、証券取引等監視委員会が近い役割を担っている。

(出典 みずほ証券ホームページ)