銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ST倍率とは

S&P500種平均(米国の株価指数)をTOPIX(東証株価指数)で割って算出する指数。一般には、ST倍率が高いほど日本株が米国株に対して出遅れていると判断される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ST倍率のSはS&P500種平均(米国の株価指数)、TはTOPIXの意味で、S&P500種平均をTOPIXで割ることにより求められます。一般的に、倍率が大きいほど日本株が米国株に対して出遅れているとされます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

ST倍率というのは、アメリカの株価指数のS&P500種平均を東証株価指数のTOPIXで割ることで算出される指数のことを指しています。S&P500はアメリカのスタンダード&プアーズ社が、ナスダックやニューヨーク証券取引所に上場している中から主要500銘柄の株価をベースにして算出されたものです。このST倍率が高くなると日本株が米国株に対し出遅れという判断をされます、この指数が上がることで押し目買いが増える傾向にあると言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)