銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)とは

eXtensible Business Reporting Languageの頭文字をとったもの。インターネットで閲覧するサイトを記述するプログラミング言語の一種であるXML(eXtensible Markup Language)に準拠し、財務情報を表示するように標準化、拡張化した言語仕様を指す。

タクソノミという財務データを埋め込む共通の汎用定義宣言部分と、インスタンスと呼ぶ実際のデータの2種類で構成されるのが最大の特徴であり、データの加工・分析が容易になるなどのメリットを有する。

金融庁が管轄する上場企業や投資信託の有価証券報告書などの電子開示システムEDINETや、東京証券取引所が運営する適時開示情報伝達システムTDnetによる決算短信などの情報公開方式として採用されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

XBRL は、eXtensible Business Reporting Language の略で、特に決まった日本語訳はないものの、あえて訳せば「拡張可能な、ビジネスレポートのためのデータ記録言語」といった感じ。

 企業では、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)をはじめ多くの財務諸表を作っている。

上で言っている“ビジネスレポート”とは、これらの財務諸表のことだ。

 そして現在、「情報システムのない企業経営は考えられない」と言われるように、日々の売り上げデータから財務管理まで情報システムが経営に深くかかわっている。つまり、コンピュータで管理されているわけだ。

 さらに今は、こうした財務諸表の作成、管理、開示、流通、再利用などの迅速化が求められている。企業経営のスピードアップや透明性の向上ために、財務諸表を円滑に受け渡しできることが必要だ。

 そのために制定された、標準的な財務データ記録言語が XBRL である。これは、コンピュータの世界では標準的なマークアップ言語の XML が元になっている。財務データの標準的な記録方式が確立・普及することで、それを使う企業がラクになるだけでなく、会計士や監督官庁、投資家や証券市場などとの情報交換もスムーズになる。

 なお、XBRL は、財務データを定義するタクソノミーと、実際の数値データを保存するインスタンスに分かれている。財務諸表というのは、勘定科目の種類や、その並び順や関連性がおおむね決まっている。そのため、こうした共通性のあるデータはタクソノミーに保管して、それぞれの勘定科目に対応した金額などの数字がインスタンスに保管される。

(出典 NTTPC コミュニケーションズホームページ)

 

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)は、財務・経営・投資などの様々な情報を作成・流通・利用できるように標準化されたXMLベースのコンピュータ言語である。投資家、金融機関、監督官庁、証券取引所などに加え、上場会社においても透明度の高い財務情報を迅速に把握できる。平成20年4月1日以後に開始する事業年度に係る有価証券報告書・半期報告書・四半期報告書・有価証券届出書について、従来のHTML 形式からXBRL 形式での提出に改められた。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)とは、企業の財務情報が作成や流通が出来るように標準化され、記述できるようにされたXMLベースのプログラム言語のことを指します。これを標準データ形式として普及すれば、国内外への投資者のほか、金融機関や監督官庁、投資家や証券取引所などといった様々な財務情報の流通を円滑に進めることが出来るようになります。企業内部の会計システムをXBRL形式で作成しておけば、決算などの集計の効率化を図ることが可能になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)