銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)とは

エディネット、Electronic Disclosure for Investors’ NETworkの略。金融庁が提供している電子開示システムです。投資家は、インターネットでEDINETにアクセスすると、有価証券報告書や有価証券届出書等を閲覧することができます。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

EDINETとは「Electronic Disclosure for Investors’ Network」の略語で、金融庁が公開した「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」のことを指す。

EDINETの登場により、これまで紙媒体による提出を行なっていた有価証券報告書や四半期報告書、有価証券届出書などの開示書類を、電子データ形式で提出することが可能となった。また、開示された書類は無料で自由に閲覧が出来る。

EDINETは2000年の証券取引法改正の際に導入され、2008年からは新EDINETシステムの運用が開始された。以前のものと比較した新EDINETの特徴は、閲覧者・提出者双方の利便性の向上、また財務情報等についての国際標準のコンピュータ言語であるXBRLの導入等が挙げられる。

EDINETは、2005年にライブドアがニッポン放送の買収を企てた際に、多くの報道等で触れられ一時話題となる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)とは、金融商品取引法にて要請されている有価証券報告書等の書類を開示するために用いられる電子システムです。有価証券報告書等の提出者は、紙媒体に変えて電子ファイルでインターネットを介して財務局等に提出ができるので事務的な負担を減らすことが可能となっています。また、提出された有価証券報告書等をインターネットを介して一般の人が容易に閲覧することも可能となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

Electronic Disclosure for Investors’ NETworkの略称で、金融庁が運営する『金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム』のこと。有価証券報告書、有価証券届出書、大量保有報告書等の開示書類について、提出から公衆縦覧等に至るまでの一連の手続を電子化し、提出者の事務負担の軽減、投資家の情報へのアクセスの公平・迅速化をはかり、証券市場の効率性を高めることを目的として開発されたシステム。
次世代EDINETが、開示書類の二次利用や検索機能の向上等を目的に、2013年9月から稼働した。

(出典 野村證券ホームページ)

 

EDINET(Eelectronic Disclosure for Investors’ NETwork、えでぃねっと)とは、「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」のことである。EDINETは、有価証券報告書や大量保有報告書などの開示書類の提出から公衆縦覧などに至るまでの手続きを電子化することで、提出の事務的負担の削減や投資家への情報提供による公平性の確保などを図るという目的のもと、開発された。

(出典 みずほ証券ホームページ)

 

EDINETとは、Electronic Disclosure for Investors’ NETworkの略であり、金融商品取引法に基づく有価証券報告書などの開示書類に関する電子開示システムをいう。金融商品取引法では、「開示用電子情報処理組織」と定義されている。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)