銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

NT倍率とは

日経平均株価(日経平均)をTOPIX(東証株価指数)で割ったもの。両者の頭文字をとってNT倍率と呼び、両指数間の相対的な強さを示している。

日経平均は東京証券取引所第一部(東証一部)の上場銘柄の中から、日経新聞が選んだ日本を代表する225銘柄の株価合計を除数で調整した平均価格のため、株価の高い値がさ株(ハイテク関連セクターなど)の影響が強い。一方、TOPIXは東証一部全上場銘柄の時価総額による加重平均で計算されるため、時価総額の大きい銘柄(内需セクターなど)の影響を受けやすい。そのため、ハイテク関連セクターの株価が内需セクターよりも上昇するとNT倍率が上がり、内需セクターの株価がハイテク関連セクターより上昇するとNT倍率が下がる。

なお、日米間の株価乖離を見る指数にS&P500種株価指数(S&P500)をTOPIXで割って算出する「ST倍率」がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

日経平均株価を東証株価指数(TOPIX)で割って計算した指標。両者の頭文字をとって「NT倍率」と呼ばれ、一般的に10倍から12倍程度で推移するとされています。日経平均株価は値がさ株の影響が強く、TOPIXは時価総額が大きい銘柄の影響を受けやすいという各指数の特色があります。現在の株式市場は、日経平均先物の影響が大きいことから、市場全体の株価が上昇していくときは、TOPIXよりも日経平均株価の方が早く上昇しやすいといわれており、NT倍率が大きいときは、市場全体の株価が上昇傾向にあると判断することができます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

NT倍率とは日経平均株価をTOPIXで割った指標です。日経平均株価は値がさ株の影響を受けやすく、一方TOPIXは時価総額の大きい株に影響を受けやすいという特徴があります。NT倍率を利用すればこの両指数の相対的な強さを判断することが出来ます。NT倍率は通常10程度の倍率を取ることが多いのですが、この倍率が上昇しているときは日経平均株価の上昇率がTOPIXの株価の上昇率より高いことがわかり、逆にこの倍率が下落しているときは日経平均株価の下落率が、TOPIXの下落率より高いと判断することが出来ます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

NT倍率(えぬてぃばいりつ)とは日経平均株価をTOPIXで割ったものである。
 日経平均株価は単純平均株価指数であるため、値嵩株の影響が大きい。それに対してTOPIXは時価加重平均株価指数であるため、時価総額の大きな銘柄の影響を受けやすい。したがって、NT倍率が上昇している場合は、値嵩株の株価が上がっている可能性があることを示している。
 日本の株式市場の値嵩株にはハイテク企業が多いことから、NT倍率の上昇はハイテク企業の株価の上昇によるものである可能性が高い。

(出典 みずほ証券ホームページ)