銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

FRSとは

FRS(Federal Reserve System)は、米国の中央銀行制度のことを言います。米国の中央銀行は日本における日本銀行の役割に相当するため、市場に何らかの悪影響が出たときにはその調整をするために金融政策を実施することもあります。連邦準備制度理事会と連邦準備銀行の2つで構成されており、米国市場の安定化を図るために連邦公開市場委員会という委員会を開き、適切な金融政策を指示することになります。FRSの政策は世界経済に大きな影響を与えるため非常に大切な機関です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

日本語では連邦準備制度。Federal Reserve SystemのFederalを略してFed(フェッド)と呼ばれ、FRSともいう。米国の中央銀行制度のこと。連邦準備理事会(FRB:Federal Reserve Board)、連邦公開市場委員会(FOMC:Federal Open Market Committee)、全米12地区の連邦準備銀行(FRB:Federal Reserve Banks)から構成される。

連邦準備理事会(FRB)は、日本銀行(日本の中央銀行)に相当し、Fedの最高機関として米国の金融政策を策定・実施するとともに、各地区の連邦準備銀行(FRB)を総括する。連邦公開市場委員会(FOMC)は、日本の金融政策決定会合に相当し、連邦準備理事会(FRB)が定期的に開く会合で、FFレートの誘導目標など公開市場操作の方針を決定する。連邦準備銀行(FRB)は、連邦準備理事会(FRB)の下に置かれ、決定された金融政策の実施や、米ドル紙幣(連邦準備券)の発行などを行う。

(出典 野村證券ホームページ)